オモテとウラ ~kiss,gami,photo,reco~

アマガミを中心に、キミキスやフォトカノ、レコラヴ、セイレンを主に取り扱うブログ。

絢辻詞との出逢い 〜part 2〜

 

どうも、季節は秋から冬にかけてが一番好きなayanagiです。

 
 
暑くなってきましたね。
 
 
セミさんも現れてきました。
 
 
 
しかし、この記事は一体どれくらい寝かしていたんだろう……。
 
おそらく、一年半くらいは下書きとして埋もれていました。笑
 
 
 
まさかここにきて活用することになろうとは……。
 
 
 
 
まあそれはさておき、続きですね。
 
 
前回(かなり前だけど)は七咲から絢辻さんへ推しが移り変わるぞ、ってところで終わったんでしたね。
 
 
 
そう、私ayanagi、高校生の頃にアマガミをプレイし、七咲に惹かれ、無事(?)七咲推しになったのですが、それからずーーっとアマガミをプレイしてきたわけではないのです。
 
 
受験勉強もありましたし、そもそも飽き性なもんで、何かにハマっても大抵何ヶ月かすれば飽きてしまうんです。
 
 
それが、私なんです。
 
 
 
なので、高校一年二年にかけてアマガミをプレイしましたが、当然のように飽きがきました。
 
 
 
アマガミをやらなくなりました。
 
 
 
高校三年、大学一年と、アマガミにのめり込まない時期が続きました。
 
 
 
しかし、まあ大学一年時になんやかんやありまして、一年終了時の春休みにアマガミをプレイする機会(気持ち)がありました。
 
 
 
攻略したヒロインは「絢辻詞」です。
 
 
 
当時、プレイ前は、二年ほど前に攻略した記憶から、(こう書くのはあまり好ましくありませんが)あまり期待していませんでした。
 
 
 
とりあえず、久しぶりにやるしメインヒロインからかなーと、そんな軽い気持ちでプレイしたのです。
 
 
 
ですが、二年越しの絢辻詞、とんでもない破壊力でした。
 
 
 
まず、絢辻ショックを受けた例のシーンですが、承知の上で見たからか、大した気持ちの変動もなく、その後も普通にプレイすることができました。
 


f:id:ayanaging:20180712193650j:image

 
 
……ところでこのシーン、少々Mっ気がある人は興奮したりするんですかね。
 
 
ツイッター等でも、キャラクターに貶められる構図にテンションが上がる! って方がよく見受けられるのですが、あれって本気なんでしょうか。
 
私は大体が冗談だと思っているのですが、どうなんでしょう。
 
 
……今度聞いてみよ(ボソッ
 
 
 
 
 
話が逸れちゃいましたね。続きです。
 
 
無事(?)黒い部分を受け入れ、「あたし」中心な学園生活を送っていたayanagiは、その中でも確かな絢辻詞の魅力を感じていました。
 
 
まず、絢辻詞の姿勢。
 
 
はっきりすべきところは、はっきりする。
 
疑問に感じたところがあれば、答えを出そうとする。
 
 
その姿勢が、主人公の価値観への理解につながる。
 
 
自分からしたら損としか思えない主人公の行動。
 
それに疑問を持ち、同時に興味を持つ。
 
 
そして次第に惹かれていく自分に気付き……。
 
 
そんな、自分で抱いた疑問に率直に向き合い、考え、行動する絢辻詞に私自身も惹かれていったのです。
 
 
 
だって、格好いいじゃないですか。
 
私、格好いい女性が好きなのです。
 
 
 
 
絢辻詞って、他のどのヒロインよりも人間らしいと私は思うんです。
 
 
梨穂子のような包容力はないし、森島先輩のようなカリスマ的(アイドル的?)魅力もない。
 
薫のように笑って許せる心の広さも持っていない。
 
 
 
なんといいますか、余裕がないんですよね。
 
絢辻詞には。
 
 
自立をするために、素の自分を封じてまで、全てを完璧にこなさなきゃいけない。
 
自立をするまでは、誰にも負けられない。
 
 
そんな焦燥感が、絢辻詞にはつきまとっている。
 
 
 
まぁ全ては家庭環境が原因なのですが……。
 
 
 
その、余裕のなさが、絢辻詞の魅力を引き立てていると思うのです。
 
 
 
少なくとも、私はそこに惹かれました。
 
 
 
どうしようもない家庭環境に苛まれながらも、ただひたむきに頑張り、前を向く。
 
 
その方法はどうであれ、やっぱり格好いいです。
 
 
でも格好いいからこそ、放っておけない。
 
 
放っておけば、いつか壊れてしまうかもしれない。
 
 
見方によってはもうすでに壊れているかもしれない。
 
 
 
そんな脆さがあるから。
 
 
 
だから、寄り添ってあげなきゃいけない。
 
 
 
少しでも絢辻詞が楽になるように。
 
 
 
こんな想いが、自然と湧き出てしまうんですよね……。
 
 
 
うーむ、きっと製作者の術中にハマっているなぁ……。笑
 
 
 
守りたくなるような脆さを見せるヒロインってずるいですよね、、
 
 
ずるヒロインです。
 
 
七咲もそういう一面持ってますよね。
 
 
ずるヒロイン。
 
 
気にならないわけがない。
 
 
 
 
 
 
……と、まあこんなところですかね。
 
私が絢辻詞を好きになった理由は。
 
 
 
てか、そろそろ止めないと永遠語ってしまう。笑
 
 
 
せっかくのブログなんですから、小刻みに語っていかないと。
 
 
好きなイベントとか、その他諸々……。
 
 
 
過去を思い出しながら、まったり、ゆっくりと更新していきます!
 
 
 
忘れないようにしなきゃ、、
 
 
 
 
善処します!!笑
 
 
 
 
ではでは、このへんで。
 
 
 
 
 
おわり。
 
 


f:id:ayanaging:20180712201911j:image