オモテとウラ ~kiss,gami,photo,reco~

アマガミを中心に、キミキスやフォトカノ、レコラヴ、セイレンを主に取り扱うブログ。

セイレン宮前透編 感想


どうも、なんでコミマに水羽と燈花がいたのか分からないayanagiです。


ほんと、なんでいたんだろう……。




さて、さっそく本題。


ついに終了しましたね、宮前透編。



f:id:ayanaging:20170227232936j:image



みなさんどう感じましたか?


良かったですか? それとも期待はずれでしたか?




私は……そうですね、正直期待はずれでした。


5話、6話までは良かったと思うのですが、7話で少し失速、8話で大ブレーキ。


5段階で評価するならば、宮前透編は「2」です。

8話だけなら「1」。


私にとって、宮前透編はこんな印象です。



しかし、だからといって叩くつもりは一切なく、ただただ「惜しい」という悔いの感情が先行するばかりなんです。


その原因はやはり、前回の記事で取り上げた「もっとモヤモヤさせてくるのかと思った!」ところですね。


ゲームで孤立したという格好の闇を軽々しく乗り越えさせたこと。

これが、どうしても勿体無いと感じざるを得ない。


だって、孤立ですよ、孤立。

相当なことです、孤立って。


そんな相当な闇を、もっと引っ張って、引っ張って、どん底まで行ったところで、一気に駆け抜けさせるべきだったと、私は思います。


そういった話を8話に充てるべきだった、と。


そうすれば、物語はもちろん、透の人生にも重みを増すことが出来たんじゃなかったかなーと。



だから、とても惜しい気持ちでいっぱいなのです。




あ、もちろん良いと思ったところもありますよ。


宮前透編は、透の可愛さや魅力を十分に引き出せていたと感じました。



運動神経抜群で優等生だけど、ゲームをプレイしているときは周りが見えなくなってしまう。そのせいで、孤立した過去あり。
しかし、正一のおかげでまたみんなでゲームをする楽しさを味わえた。
そんな、過去の人らとは違う"離れない正一"に惹かれていき、その想いをゲーム好きらしい即死ポイントにキスで表現。正一は無事即死。
そして、初めて自分の元を離れなかった特別な人である正一に「これからも私を追いかけて」とお願いする。



宮前透がどんな人物か、よく分かるストーリーでした。


……欲を言えば、もうちょっと学校での生活風景を見たかったかな。

普段の生活に透の魅力を垣間見たかった。



でもまあそれでも、透は十分魅力的に映ってましたし、透に魅了された人は多いと思います。


人気投票とかあったら何位になるんだろうか……。


私、気になります!







では最後に、一番好きなシーンを。


今回はですね、一番気になったシーンというのがありまして、それが郁夫の「ブラコンの彼女は苦労するだろうけど〜」という発言です。



ブラコンの彼女。



ブラコンの、彼女。



うん(´-ω-`)





一番気になったのは逢の顔が浮かぶ郁夫の発言ですが、好きなシーンはまた別です。


私が8話で一番気に入ったシーン、それは「打ち上げ後に赤ちゃんみたいと言われながら十萌に抱かれる栞」です。


眠そうにしてる栞、可愛かったなぁ(小並感)







……今回は思ったこと、伝えたかったことがはっきりしていたので、耀編に比べて記事が短めでしたね。



さて、次回は、幼なじみの桃乃今日子。


実は私、放送前から今日子に一番の期待を寄せていましたので、今日子編がすごく楽しみなんです。


最高に「セイレン」な物語を見せてほしいですね。




では、このへんで!




おわり。