読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモテとウラ ~kiss,gami,photo,reco~

アマガミを中心に、キミキスやフォトカノ、レコラヴ、セイレンを主に取り扱うブログ。

南弥生ルートクリア

どうも、最近パソコンがカクカクすぎて早くカイカイしたいと思っているayanagiです


今絶賛台風中ですね
こちらは大した影響出てませんが

どこに被害出てるのかも知りませんが

学生が休みなれー!って願っていたことは知ってます



前置きおわり。



さて! 本題ですが
TLSR南弥生ルートをクリアしてきました!!


これで二人目!


いやーTLSRはサクサクッとクリアできるのでいいですねー

二時間もあればクリアできるのかな?


でも、たった二時間という短い時間の中でも、確かなストーリーを感じることができます



南弥生ルート

甘く、とても甘く、それでいて綺麗で純粋なラブストーリーでした


そう、綺麗なんです


主人公に憧れる後輩ということで、里中なるみをご想像する方も多いかと思います(かくいう私も当該者でした)


でも、違う


彼女のストーリーは綺麗な部分だけじゃない

「いざこざ」というある種の醜さを含有している、とても人間らしいストーリーなんです

(まあそれが清々しく、綺麗だ、という意見もあるかと思いますが、ここではあえて醜さと表現しておきます)


しかし、南弥生ルートにはそれがない


とても人間らしい醜さがないんです



平和な世界

とても綺麗で、純粋な世界



そんなストーリーでした、南弥生ルートは


だから一切のストレスなく進められましたね
楽しかったです


……ここまでキャラの特徴に一切触れてないですね

ストーリーを重視する私の悪い癖です

前回の桂木綾音もそうだったような……なんかごめんなさい。笑


南弥生はそうですねー
占いと可愛いものが好きという、「可愛い女性らしさ」を追求したような女性です

子供っぽいって言った方が分かりやすいかもしれません

とにかく「可愛い」んです


そして何より良い部分が、私と同じ誕生日ということですね


うん、素晴らしい
運命を感じます


……とまあ冗談はさておき、とにかく南弥生は可愛らしい! 声優の丹下桜も素晴らしい! んです。

すごく雑に思えますが、実際プレイしてみれば私の言いたいことはきっと分かると思います

なので買いましょう! TLS!(宣伝)



……さて、宣伝入ったところで、今日はここまでですかね


次は春日千晴にいくと思います

近いうちに感想をば



おわり。


f:id:ayanaging:20160909023145j:image

桂木綾音ルートクリア

どうも、四季の中で秋が一番好きかもしれないayanagiです


さて、もう前置きなんて必要ない。


タイトル通り、TLSRのメインヒロインである桂木綾音を攻略してきました!!



いやぁー良かった

本当に良かった



ここまで小学生並みの感想だけど、本当に本当に良かったです

これ90年代のゲームなんですよね?
確かにプレイ中は古さを感じることがありますが、アニメーションやCG、下校会話、音楽等、どれもとても90年代とは思えないものでした



まあ90年代がどんなものかは知りませんがね!!!笑




で、一番感動したのがシナリオです

桂木綾音。

彼女にやられました

文字通り、やられました

こちらが攻略する側と思っていたら、まさか攻略される側だったとは


出会いのシーン、廊下で"偶然"桂木綾音とぶつかるのですが、それは"偶然"ではなく"必然"でした

そう、桂木綾音がわざとこちらにぶつかったのです

ではなぜそうしたか?

答えは簡単、主人公のことが好きだったから。

単純明快。


それを知らされたのは、最終日、ゲームが終わる最後の最後でした


「一年の頃からあなたのことを想っていた」


それを聞いた瞬間、目頭が熱くなるのを感じました
決して大袈裟な表現ではなく、本当に

ゲームのシステムに慣れなければいけないという焦燥感もあり、桂木綾音をこちらに振り向かせよう必死に努力していたのです


それなのに、実は出会いの時点から"桂木綾音の想い"があったとは


いやーやられました

どんでん返しを食らった気分です


シリーズの原点、メインヒロイン、恐るべし

人気なのも納得です


それとあと、プレイした感想として、キミキス星乃結美ルートと似通った部分がある……という話はまた後日にします


とにもかくにも、シリーズの原点、TLS
素晴らしい作品ですね

"選択"でなかなか楽しませてくれます



ーーあなたには特別な場所がありますか?
あるいは、あなたの特別な人にとっての特別な場所、知っていますか?

知らなければ、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません

だって、そこは"特別"だからーー




……特別な場所、私にも欲しいですね



さてさて! 感想はここまで
次は南弥生ルートへいきます!


感想はまた後日、近いうちに!



おわり。


f:id:ayanaging:20160907183309j:image

初めてのTLSR

お久しぶりです。

本当に久しぶりの投稿です。

ayanagiです。

 

いやー前回の更新から色々ありましたねー

 

オリンピックとかそういう時事的なものは除外するとして、まずあれですね。

高山先生の手による新作アニメーション!

”あの”高山先生が手がけるとなれば、応援しないわけにはいきませんね。

例え、ebが絡んでいなくとも。

 

それから、アマガミのブルーレイとサントラが新規発売!

 

またかよ!笑

どんだけ出るんだ!笑

 

しかしここにきてアマガミが動くなんて、一体誰が予想できたでしょう。

ファンからしたらもう堪りませんね。素晴らしい。

 

あと、他の出来事といえばそう、ひっそりと銚子に行ってきました。

いや全然ひっそりではなかったけど。

 

多人数で旅行というのもいいもんですね。

本当に、本当に楽しかった。

 

当 日 波 浪 警 報 出 て た け ど

 

 

まあ前回から今まで、大きい出来事はこんなもんですかね。

 

さて、ようやくタイトル回収です。

 

アマガミと出会い、アマガミと触れ合い、エンターブレインを知り、キミキスを知り、それらの虜になり、それからいつしか6年が経過していた私ayanagiですが、ついに、ようやく、本当にようやく、シリーズの原点である『TLS』をプレイする時がきました。

 

シリーズの原点。

 

アマガミキミキスの元となった作品。始まりの作品。

 

そう思うだけで、やらなければいけない使命感に駆られる。

 

そして、ようやく、ファンとしての使命を、あるいは自分の中のプライドを貫き、果たすことが出来るのです。

 

 

いちファンとして、存っ分に楽しむぞぉー!!

 

 

プレイした感想はまた後日。

 

おわり。

f:id:ayanaging:20160907174522j:plain

アマガミLS!!!


どうも、ご無沙汰しまくってしまいました
ayanagiです

いや、そんな固定読者とかいないだろうから問題はないと思うんだけども


いや、違う
今日はそんなことよりも!!

なんとなんと!

2016年にして突然の!!

アマガミのコミカライズが発表されたのです!!!

しかも!

作画はsantaさんで!!

さらにさらに!

原作者はなんと高山箕犀 さん!!!




すごい公式感(・Д・ ;)



いやはやこのご時世に新作とは
驚いた

アマガミはまだまだ終わらない、ってことですかね?


内容としては森島はるかをヒロインとしたanother storyのようです

そしてさっそく我らが橘さんが紳士っぷりを披露してくださいました。笑

奇行派ですなぁ

これからが楽しみです


はてはて、ラブリーの後に他のヒロインも描かれるのか、アマガミ紳士としてはそらもう期待せざるを得ないですが、切望しつつ、今回の記事を締めくくるとします

はてはて、次回の投稿はいつになるやら←


おわり。

キミキスを久々にプレイ

どうも、毎日ブログを更新してる人ってどこからそんな話のネタもってくるんだろうすごいなぁ、と思い始めたayanagiです。

 

今日は、10周年記念にプレイしたキミキスについてだらっと記していきます。

 

 

キミキス発売から10周年という、とてもとても素晴らしい記念の日だし、久々にキミキスやろうか! 

と思い立ち、わざわざ押入れからPS2を引っ張り出しプレイしました。

 

攻略したヒロインは栗生恵さんです。

くりなま。

 

メイン6人じゃないというね。

あえてね。

 

でも、やっぱり良かったです。

栗生さんいいキャラしてますよね。

隠しヒロインという設定が本当悔やまれる……。

 

なにが悔やまれるって、会話がとてつもなく寂しいところですよ。

返しがほとんど一緒って……汗

 

 

相原「学校の先生って……」

栗生「へぇ~知らなかったわ。いい話を知ってるのね」

 

相原「日々の健康って……」

栗生「へぇ~知らなかったわ。いい話を知ってるのね」

 

 

(・_・)

 

 

バリエーションなさすぎでしょ……。

会話してる気がしない、、、

 

でもストーリー(というかキャラ?)はいいんですよねぇ。

男勝りな性格で、男よりも男らしく生きたかった女の子が、主人公と触れ合ううちに次第に女の子としての気持ちを知っていき、最後は主人公にそれを気付かされる。

 

王道っちゃあ王道なんだけど、動かし方が秀逸なんですよね。

主人公が栗生さんの可愛さに気付くところとか、栗生さんが主人公に「可愛い」と言われて動揺するところとか、栗生さんが女の子の気持ちを知るために行動しようとしたけど結局踏みとどまったところとか、その他もろもろ……。

 

猫にとても優しいというところもグッドですね。

もし私が猫を飼うとしたら、間違いなくロジと名付けます。

犬ならリンゴかな。

 

 

……やっぱり、栗生さんいいですね。

キミキス最近やってないなぁという方、ぜひ栗生さんやりましょう。

きっとグッとくるものがあるはずです。

 

もちろん、キミキスやったことがないという方もぜひやりましょう!

というか今すぐ買いに行ってください!!笑

今からの季節にピッタリですよ。

 

 

さてさて、ばっちり宣伝も入れたところで、今日はこの辺りで失礼しますね。

みなさんも、レッツプレイキミキス

 

おわり。

キミキス10周年!!

どうも、アマガミキミキスに対しての思いをなにかの形にしたくてブログを始めた、ayanagiです。

 

本日2016年5月25日はなんと、そう、

 

 

キミキス10周年の日なのです!!

 

 

これはブログを更新せざるを得ないですね。

 

すごいなぁ、もう10年かぁ。

10年前といえば私、まだ11歳ですよ。笑

当時は幽遊白書にハマってた気がします、はい。←どうでもいい

 

 

キミキスかぁ……そういえば、キミキスとの出会いって私全然覚えていないんですよね。

いつの間にか寵愛してたというか。

ほんとに、なにも覚えてないです。笑

 

気付いたら好きになってたキミキスですが、私が最も好きなヒロインは二見瑛理子ですね。

えりりん

 

恵まれたキャラデザから、破壊力抜群の声。守ってあげたくなるような性格。

そして、甘く切ないストーリー。

 

欠点がありませんね。

えりりんで欠点といえば、勉強以外からっきしダメな点ですが、それすらも長所として認められる、それくらい魅力的なキャラクターです。

 

もちろん、他のヒロインも好きですよ。

星乃さん、なるみちゃん、摩央姉ちゃん、アスカターン、衹条さん、くりなま……どのキャラも本当に個性的で、魅力的です。

どれだけ浮気したことか……。笑

 

そういえば一番最初にプレイしたキャラも二見さんでしたね。

やはり、見た目に惹かれました。

そしていざやってみると、ズッガーン。

スキルートでもナカヨシルートでもズッガーン。

 

しかしそのあとに、衹条さんのスキルートに惹かれ、星乃さんに惹かれ、摩央姉ちゃんに惹かれ……でも結局二見さんに戻り、今に至る。

そんな感じです。私のキミキスは。

 

 

と、語っても語りきれないキミキスですが、そろそろ眠たくなってしまいましたのでこの辺りで切り上げますね。

語る機会ならこの先にたっくさんあるので、それはまたの機会に!

 

最後に、改めて…

 

 

キミキス10周年、本当におめでとうございます!!

 

 

 

おわり。

 

 

 

レコラヴの発表

はお~ 

ayanagiです。

 

さてさて、今回は今夏発売が発表されたレコラヴについてだらっと記していきます。

 

レコラヴが発表されたのはいつだったか忘れましたが、あれは唐突でしたね。

ツイッターを見てたら情報が流れてきて、「おおぅ!?」ってなったのを今でも覚えています。

 

で、そのツイッター上ですが、「えぇ~フォトカノの継承作品かよ~アマガミは??」←これ一色だったのもよく覚えています。笑

 

うん、確かに。

高山さんの絵を所望している身としては残念な気持ちになるのも当然だよね。

 

でもなんだかんだビジュアルは悪くないんですよね。

あと、声。

キャストを見たとき、「植田佳奈さんついにきたか……!!」と心の中でガッツポーズしてしまいました。

しかも関西弁とは……。

 

 

「あんたは、女やったら誰でもええんか」(CV.植田佳奈

 

 よし、買おう(即決)

 

 

二種類出るみたいで、おそらく私は片方だけ購入する形になってしまいますが。

期待以上のものだったら両方買います。


……多分。


とにかく、レコラヴには期待ですね〜。

今後の情報にも目を見張らせときましょう。


ではこのへんで。


おわり。